NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
102/148

100葉枚数が多く、じっくり育てて高収量!作業性に極めて優れ、収穫・調整がラク!根が太く強く、多雨による湿害に強い!べと病レース1~9・11~14抵抗性。アイルトン9プライミングM3万粒作型イメージはこの品種!789101112123456栽培型月891011121234播種日9/1010/110/101/12/12/10収穫時期10/15頃11/20頃12/25頃3/20頃4/10頃4/15頃生育日数約33~35日約50~55日約75~80日約65~90日約33~75日約60~70日適作型月高冷地及び冷涼地一般地ハウス・雨除け露地九州北部平坦地関東平暖地関東平坦地四国平坦地高冷地・冷涼地播種時期収穫時期トンネル最適播種期播種期収穫期〈栽培型〉〈産地作型〉〈収穫予想〉●ベト病レース1~9・11~14抵抗性。●晩夏~秋蒔き、晩冬~早春蒔きに好適。最適期はハウス・雨除けの9月上旬~10月中旬蒔きの10月中旬~年内収穫。および、1~3月蒔きの3~5月上旬収穫。●低温伸長性は秋蒔きとしては遅め。じっくり型で収穫に追われにくい。●草姿極立性。葉柄折れにくく、収穫・調整作業が極めて容易。●葉色濃緑で光沢が強く、シワ・巻き込みが少ない。葉形はやや尖る剣葉で葉幅はそれほど広くない。●葉や軸は太いタイプでは無いが、じっくり生育させることで葉の枚数を増やすことで高い収量を得ることが出来る。主根が太く、深く地中に入り、多雨による湿害に強く、黄化症が出にくい。●じっくり型なので収量を上げる為にはむやみに早く生育させない。早く伸びると葉の枚数も増えにくい。●低温伸長性は低いので秋の遅蒔きは避ける。●収量を上げる為には厚蒔きせず、株間を広く薄蒔きする。●追肥や遅効性肥料を用いて最後まで肥効を維持する。根が強く湿害に強い!元詰小袋30㎖プライミングM3万粒絵袋詰1㎗薄蒔きで高収量!根が強く湿害に強い!根が強く湿害に強い!葉枚数が増える!葉枚数が増える!低温伸長性(1)★☆☆☆☆低温伸長性(1)★☆☆☆☆超作業性極立性で折れにくい超作業性極立性で折れにくいプライミングLサイズ種子25000粒あります!べと病抵抗性R1~9・11~14プライミングL2.5万粒特 徴栽培のポイント晩夏~秋蒔き/早春~春蒔き 低温伸長性 ★☆☆☆☆

元のページ 

page 102

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です