NANTO Vegetable Seed Catalog 2019
105/152

103播種時期収穫時期トンネル最適播種期播種期収穫期播種日10/2011/111/1011/2012/1収穫時期12/20頃1/15頃2/10頃2/15頃2/20頃生育日数約60~70日約75~80日約90~100日約90~100日約80~90日789101112123456栽培型月891011121234適作型月高冷地及び冷涼地一般地ハウス・雨除け露地九州北部平坦地関東平暖地関東平坦地四国平坦地高冷地・冷涼地〈栽培型〉〈産地作型〉〈収穫予想〉●べと病レース1~11・13・15・16抵抗性。●晩秋~冬蒔きの厳寒期作型に最適。最適期はハウス・雨除けの10月下旬~12月中旬播種の12月中旬~3月上旬収穫。●低温伸長性は高い。早生なので低温期の収穫作型に優れ、逆に温度がある時には伸びやすい。●草姿は極立性。葉柄折れにくく、収穫・調整作業は容易。生育早い品種としては抜群の作業性。●葉色は極めて濃緑。葉形やや尖る程度の中間葉(※厳寒期には葉に軽度の縮みが見られる場合がある)。●葉幅が広く、軸は太い。葉身部と葉柄部の比重バランスが良く、ボリュームが出やすい高収量性の葉重タイプ。●早生なので収量を上げる為にはむやみな早蒔きや厚蒔きはしない。また一般に、生育が早過ぎた場合、作業時の軸折れが起こりやすくなる。●作型は「タキシード7」に似るが低温伸長性は「タキシード7」の方が若干早い。秋・冬蒔き 低温伸長性 ★★★★☆特 徴栽培のポイントべと病抵抗性R1~11・13・15・16葉色が濃い葉色が濃いボリュームが出る葉重型ボリュームが出る葉重型作業性良折れにくい作業性良折れにくい低温伸長性の高いレース1~11・13・15・16抵抗性。厳寒期向けで濃緑・肉厚の葉重タイプ。スピード早い品種としては抜群の作業性!シューマッハ11元詰小袋20㎖プライミングM3万粒絵袋詰1㎗ホウレンソウプライミングM3万粒絵袋詰 L1ℓ小袋詰20㎖絵袋詰1㎗ベストイレブン濃緑の葉は大きく、軸太い。ボリューム重視のべと病レース1~11・13・15・16抵抗性。年明け~2月蒔きで真価を発揮!葉色が濃い葉重タイプ葉色が濃い葉重タイプBest-Elevenべと病抵抗性R1~11・13・15・16特 徴栽培のポイント●秋・春系で、秋~春蒔きに適する。●最適期はハウス・雨よけ等の9月中旬~10月上旬蒔きの10月中旬~12月中旬収穫。および1月~2月蒔きの3~4月収穫。じっくり生育させると極めて高い収量性を発揮。●生育の早さはややゆっくり。●葉柄折れにくく、収穫調整作業は容易。●葉色は濃緑で、葉身部と葉柄部が同程度。●立性で葉幅は広め。葉肉厚く、葉柄太いので、収量が上がる(葉重タイプ)。●葉型は浅めの欠刻が1~2段入り、葉先はやや尖る~滑らかな中間葉で、しわや巻き込みの少ない葉。●べと病レース1~11・13・15・16抵抗性。 ●葉重型であるが、収量を上げるためにじっくり生育させる(薄蒔きが望ましい)。●低温伸長性乏しく、ややゆっくり型なので冬場の生育は遅い。またこの時期はやや開いた草姿となる。●秋の早蒔きは株間を広めにとって、徒長を防ぐのが望ましい。月栽培型播種最適播種期収穫期789101123456121高冷地及び冷涼地ハウス・雨除け一般地ハウス・雨除け・露地秋蒔き/早春蒔き 低温伸長性 ★☆☆☆☆秋・冬蒔き 低温伸長性 ★★★☆☆NSP-107A(Aは秋タイプの意)葉重タイプで作業性に優れる。作型適性が広くなった「プロースト」改良タイプ10~12月蒔きが最適期の秋冬系。予告品種限定販売プライミングM3万粒べと病レース1~11・13・15抵抗性べと病レース1~11・13・15抵抗性ボリュームが出る葉重タイプボリュームが出る葉重タイプ●最適期はハウス雨除けの10~12月蒔きの11月中旬~3月上旬収穫。生育の早さは中程度で最短生育日数は33日程度。冬場の生育はじっくりだが厳寒期以外は生育止まらない。●葉色濃緑で葉身部と葉柄の長さバランスが良い。草姿は極立性で葉柄折れにくく、収穫調整は非常に容易。●葉幅は中~やや広く、葉肉厚く収量があがり葉枚数は中程度。ベト病(レース1~11・13・15)に対して抵抗性。月栽培型播種最適播種期収穫期789101123456121高冷地及び冷涼地ハウス・雨除け一般地ハウス・雨除け特 徴★立性度:スタンドアップ13 > NSP-107A ≧ プロースト11★作業性:NSP-107A ≒ スタンドアップ13 ≧ プロースト11★収量性:NSP-107A ≒ プロースト11 ≒ スタンドアップ13★葉色濃さ:スタンドアップ13 > プロースト11 > NSP-107A★低温伸長性:スタンドアップ13 ≧ NSP-107A ≧ プロースト11(厳寒期での伸び)  ゆっくり   さらにゆっくり   止まる 

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る