NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
107/172

月栽培型播種定植収穫期891011123456712ハウス促成ハウス半促成トンネル早熟露地紫とうがらしMurasaki Tougarashi(甘とうがらし)特 性特 性特 性元詰小袋30粒絵袋詰20㎖ひもとうがらしHimo Tougarashi細長くてちょっとピリ辛いろんな料理に合う●100年以上も前から奈良市北東部で農家の自家消費用として作られていた甘味種のとうがらしで「大和の伝統野菜」に認定されている。●果実は、長さ約5センチ。果皮色は、なすのような艶のある濃い紫色で非常に多収。追熟すると赤くなる。●肉厚で佃煮、油炒め等に向き、熱を加えると緑色に変色する。特 性●直径5ミリ(鉛筆より細い程度)で細長く、濃緑色で皮のやわらかい、甘みがあって少しだけピリ辛のとうがらし。●夏から秋にかけて枝いっぱいに細長い果実を実らせる。●一般の野菜に比べてビタミンCを多く含み、食物繊維やカロチンも豊富に含む。●沢山できるので追肥をきちんとやり木を弱らせないのがポイント。●主な料理法:油炒め・てんぷら・つけ焼き・煮浸し。元詰小袋30粒絵袋詰20㎖143㎜おことわりおことわり辛味成分は環境や肥料等により変わることがあります。また辛味を感じる強さは個人差がございます。● 農研機構 野菜茶業研究所育成台パワー青枯病・疫病・モザイク病(L青枯病・疫病・モザイク病(L33)に対し、)に対し、極めて強い複合抵抗性。極めて強い複合抵抗性。Dai Power「台パワー」の疫病・青枯病抵抗性検査結果およびPMMoV青枯・疫病に極めて強いピーマン台木品種登録 第20755号元詰1000粒表1 「台パワー」の疫病・青枯病抵抗性検定結果およびPMMoV1) 「台パワー」以外は台木に用いられている市販品種。 2) L3はPMMoV(P1.2)に対して抵抗性を示す。抵抗性遺伝子の種類 (野菜茶業研究所)品種・系統名1)台パワー 4 0 0 0 L3ベルマサリ 45 36 100 0 L3ベルホマレ 100 19 100 100 -疫病抵抗性台木品種A(他社) 0 0 100 100 -疫病抵抗性台木品種B(他社) 7 7 100 100 -疫病発病株率(%)枯死株率(%)発病株率(%)枯死株率(%)青枯病PMMoV抵抗性遺伝子の 種類2)疫病発生圃場での様子青枯病発生圃場での様子既存品種台パワー台パワー既存品種青枯病・疫病青枯病・疫病に悩むピーマン産地の皆様に頼れる台木品種台木品種の登場です。特 徴●農研機構 野菜茶業研究所で育成・発表された疫病・青枯病およびモザイク病に複合抵抗性の台木用ピーマン。疫病・青枯病に対して強度の抵抗性。●PMMoV(P1.2)に対して抵抗性を発揮するL3遺伝子を保有。PMMoVおよびToMVの発生している地域では、穂木に同じL3遺伝子を有する品種を用いてください。●サツマイモネコブセンチュウに抵抗性(ただし産地によっては発病の可能性あり)。●高温・多湿・高菌密度条件下では、発病する可能性があるため土壌消毒などの通常防除を併用してください。●接木の難易度は「ベルマサリ」と同等で、穂木との播種間隔は約10日。●自根栽培に比べて初期生育はやや遅くなります。PVP品種登録第20755号143㎜なんと生食!サクサク新食感!なんと生食!サクサク新食感!マヨネーズをつけてサクッ!マヨネーズをつけてサクッ!ササララダダ甘甘あまながあまなが長長甘味とうがらし甘味とうがらし月栽培型播種定植収穫期891011123456712ハウス促成ハウス半促成トンネル早熟露地元詰小袋25粒絵袋詰10㎖(約850粒)165㎜二つ折型苗ラベル●草姿は立性、葉は濃緑で中葉。節間短く、分枝が多い。●果実は濃緑の長円錐形。収穫サイズは果長10cm、果径2cm、果重15g位。●肉厚で食感よく甘味がある。用途は広く生食・炒め物・焼き物などに適し、ししとうには無いボリュームを生かせる。株間は60cm以上広くとり、畝幅150~180cm。一条植えとし主枝4本仕立てで誘引。混んできたら枝を間引いて果実が見えるように。●追肥が遅れないよう、乾燥させないように努める。●収穫遅れ(果長15cm~)は辛味の発生があるので、果長10cmを目処に次々収穫するのが良い。●パプリカ風味と、とうがらしの辛味を併せ持った肉厚のとうがらしです。●果長は14~20cm位、果径は2~2.5cm位です。●青果でとれば辛味少ない。20cm程度で収穫する。HOT!ほっと!ホォ~ット!HOT!ほっと!ホォ~ット!緑で激辛!赤で激うま辛!緑で激辛!赤で激うま辛!激辛番長激辛番長Gekikarabancho TougarashiGekikarabancho Tougarashi元詰小袋25粒絵袋詰10㎖105ピーマン・ ししとう

元のページ  ../index.html#107

このブックを見る