NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
122/148

月播種定植収穫期中間地暖地891011123456712栽培型通 常月播種セット球収穫定植収穫期中間地暖地345671011121289栽培型トンネルセット球ジェットボールJet Ball暖地で4月上旬より収穫となる極早生。草勢強く、肥大が良い。元詰小袋約540粒絵袋詰20㎖缶詰2㎗●●暖地で4月上旬より収穫可能となる極早生。●●●球径7〜8cm、球重300g内外の球形で揃う。●●球は良くしまり、首も細く外皮は銅黄色となる。●●葉は濃緑でやゝ細く、立性で草丈はやゝ高い。●●草勢は強く、肥大力に優れる。●●マルチ等により地温を高めると収穫期は早くなる●●※暦はマルチ栽培を前提に作成。●●減肥栽培がお薦め:ジェットボールは窒素要求量が少ない品種ですので多肥条件では葉がちになり、球の生育が緩慢になる場合があります。こうした圃場では窒素量を3〜5割減らすと大玉になりやすい。●●●初期育苗:発芽適温は15〜20℃。生育適温も20℃前後なので、初期の保温は重要。ただし25度を超えると生育が悪くなるので、換気にも注意。●●●セット球の管理:直径2.5cm程で堀り上げ、日陰の風通しの良い場所で保管。蒸れて腐らないように注意。通気の良いトレーのようなものに平積みでゆったりと保管すると良い。●●●セット球の定植:8月末〜9月頭に定植。これより早いと暑過ぎて生育不良、遅いと肥大不足となる。マルチ栽培は初期の乾燥防止、スムーズな活着を促し、後半の保温にも効果的。初期の地温抑制には白またはシルバーマルチが有効。活着するまではこまめな潅水もポイント。なお、通常栽培よりやや小玉になるため、株間・条間をやや詰めても良い。(10×10cm〜15×15cm程度)●●収穫前:温度が低下し、肥大が遅くなるため、ここでもマルチは効果的。●●●●低温や霜が予想される場合は、トンネルや不織布のべたがけを利用すると効果が大きい。通常栽培セット球栽培のポイント特 徴●●暖地で4月下旬より、関西では4月末より収穫となる早生F1品種。●●肥大性良く、球重300g内外。球形に近い甲高形状で良く揃う。●●首の締まり良く、肉質の締まりも良いため短期貯蔵での腐敗が少ない。8月盆頃までの短期貯蔵が可能。●●草勢は強い〜やや強い。●●分球・抽苔が少なく、玉揃いも非常に良いので、秀品性・可販化収量が非常に高い。●●播種は関東で9月5〜15日頃、関西で9月10〜20日頃、九州で9月15〜25日頃。●●抽苔等に関しては安定している品種だが、無理な早蒔き等は抽苔等を誘発する恐れがあるため注意が必要。●●草勢が強めなので元肥ではなく、追肥重視の栽培に適する。栽培のポイント月中間地暖地910111234567812播種定植収穫期貯蔵栽培型ジェットスターNON-1057Jet Star4月下旬から収穫のF1早生の新品種!抽苔・分球少なく秀品率の高さ、玉揃いが自慢!肉質硬く締まって腐敗少ない!早生F1缶詰2㎗絵袋詰20㎖120NEWこの揃いの良さ!首の締まりが自慢。セット栽培できます極早生〜早生

元のページ 

page 122

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です