NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
125/148

特 性●●●円満を表した輪切り大根を大和では白味噌仕立てで雑煮に入れました。直径3cmほどで若穫りするととても優しい食感に。一般地では10月中旬に播種。間引き後に土寄せして首の汚れや曲がりを防止します。絵袋詰1㎗絵袋詰20㎖元詰小袋約200粒播種最適播種期収穫期月一般地栽培型特 性●●● ●●直径5ミリ(鉛筆より細い程度)で細長く、濃緑色で皮のやわらかい、甘みがあって少しだけピリ辛のとうがらし。夏から秋にかけて枝いっぱいに細長い果実を実らせる。一般の野菜に比べてビタミンCを多く含み、食物繊維やカロチンも豊富に含む。沢山できるので追肥をきちんとやり木を弱らせないのがポイント。主な料理法:油炒め・てんぷら・つけ焼き・煮浸し。ハウスまたはトンネル苗の植付け播種収穫期月冷涼地栽培型平暖地ハウス促成ハウス促成プランタ栽培でもたくさん穫れます特 性●●●100年以上も前から奈良市北東部で農家の自家消費用として作られていた甘味種のとうがらしで「大和の伝統野菜」に認定されている。果実は、長さ約5センチ。果皮色は、なすのような艶のある濃い紫色で非常に多収。追熟すると赤くなる。肉厚で佃煮、油炒め等に向き、熱を加えると緑色に変色する。ハウスまたはトンネル苗の植付け播種収穫期月冷涼地栽培型平暖地ハウス促成ハウス促成プランタ栽培でもたくさん穫れます元詰小袋30粒絵袋詰20㎖元詰小袋約20粒絵袋詰20㎖元詰小袋30粒絵袋詰20㎖● ● ●●● ●特 性ポイント奈良県の特産。絹肌の小蕪で風味極良。直径4~5cm位で扁円。小かぶ、葉とりかぶ用種として最適。葉は立性で25~30cm。根葉共に美味。秋蒔き、春蒔きができ播種後30~50日で収穫となる早生種。ハウス春~夏蒔きで根部1~2cm肥大時、草丈は25~30cmとなるので葉かぶとして収穫できる。特 性果長が約35cmになる長い胡瓜。昔は奈良県でも多く生産されていた大和伝統野菜。暑さに極めて強く、収量性もあり、栽培は容易。果肉は緻密で歯切れ良く、種子が少なく、苦味がなく、食味に優れる。●● ●  根長20cm、根径3cm前後の細長型赤カブ。溢れる香りとウマ辛さが特徴。緻密な肉質で塩漬、甘酢漬、麹漬、粕漬に最適。株間10cm、条間25cmほどの密植が標準。播種後45日前後で収穫期となる。根径2cmくらいでの収穫に心がけ、収穫遅れに注意。●● ●●特 性栽培のポイント月寒冷地高冷地一般地暖地栽培型播種収穫期●●  非分けつ性の一本ネギ。白根部分は短いが極太。この部分にたんぱく質や辛味成分が多く含まれ、加熱すると甘くなる。特 性元詰小袋約1000粒袋詰1ℓ絵袋詰1㎗●●● ●奈良県の在来種でアブラナ科の漬け菜。青臭さがなく、霜にあうと甘味が増し独特の風味とまろやかさがで、食味が良い。漬け物だけでなく、おひたし、煮物、炒め物などあらゆる料理に向く。葉は濃緑の切れ葉で、草丈25cm位から収穫する。トンネル播種収穫期月寒冷地高冷地一般地暖地栽培型元詰小袋約1,300粒元詰小袋約500粒元詰小袋約1000粒袋詰2㎗絵袋詰20㎖大和野菜123

元のページ 

page 125

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です