NANTO Vegetable Seed Catalog 2019
137/152

茨城県にて2017年9/20播種、12/19収穫。左端2本が「雪の砦」。低日照で低温傾向であったこの年の秋冬作においても、生育安定し、きっちり長さが出て肥大し尻詰まりもバツグン。茨城県にて2017年9/14播種、12/19収穫のツマ加工用に出荷される「雪の砦」。長さ40cm超で尻詰まり&太りも良好。加工適性も非常に高い評価。9月上旬からの播種では更に長さが出ていました。千葉県にて2016年9/17播種の「雪の砦」(左)と「NR-522」(右)。この年は暖冬でしたが「雪の砦」の葉はコンパクト。温暖な秋冬でも地上部が暴れることなく生育。2016年12/26撮影。秋蒔き大根袋詰1000粒コート種子5000粒袋詰8000粒雪の砦雪の砦(NR-521)(NR-521)在圃性と耐寒性に優れたじっくり型。12月~1月穫り。暖地では2月まで在圃可能。青果向けはもろちん、加工適性も高い。在圃性と耐寒性に優れたじっくり型。12月~1月穫り。暖地では2月まで在圃可能。青果向けはもろちん、加工適性も高い。特 徴低温伸長性・低温肥大性があり、露地作の12~1月収穫に向く。暖地では2月まで在圃できる。生育スピードは中程度のややじっくり型で収穫幅広く、ス入りも遅いので、在圃性は非常に高い。葉はコンパクトな小葉。葉色は淡めだが耐寒性が高い。密植栽培でも揃い良い。抽根(抜き上がり)のタイミングが遅く、抽根の長さも短めで曲がりにくく、首の耐寒性も強め。肌は光沢があり美しい。肉色は純白。青首の色は薄く、内部にも色が入りにくい。加工用途にも最適。肉質は水分少なめで硬いため、厳寒期でも凍結しにくい。肥料分はやや多めの肥培管理が良い。生育後半に肥料切れにならないように適宜追肥を行う。年明け以降の収穫では、べたがけ被覆がお勧め(葉の維持・肩コケ・凍結対策)。低温伸長性・低温肥大性があり、露地作の12~1月収穫に向く。暖地では2月まで在圃できる。生育スピードは中程度のややじっくり型で収穫幅広く、ス入りも遅いので、在圃性は非常に高い。葉はコンパクトな小葉。葉色は淡めだが耐寒性が高い。密植栽培でも揃い良い。抽根(抜き上がり)のタイミングが遅く、抽根の長さも短めで曲がりにくく、首の耐寒性も強め。肌は光沢があり美しい。肉色は純白。青首の色は薄く、内部にも色が入りにくい。加工用途にも最適。肉質は水分少なめで硬いため、厳寒期でも凍結しにくい。肥料分はやや多めの肥培管理が良い。生育後半に肥料切れにならないように適宜追肥を行う。年明け以降の収穫では、べたがけ被覆がお勧め(葉の維持・肩コケ・凍結対策)。ポイント••••••••••月栽培型一般地(千葉県)暖地(鹿児島県)新発売!在圃性と耐寒性のじっくり型。青果用でも加工用でも生育と肥大の安定感。曲がりにくさ。ス入りの遅さ。在圃性と耐寒性。播種適期の広さ。ツマなどの優れた加工適性。様々な点で「雪の砦」をお薦めします!雪の砦他品種雪の砦NR-522他品種Yuki no Toride135大 根

元のページ  ../index.html#137

このブックを見る