NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
26/172

「うどんこ病耐病性」を抜きにしても、すでに傑作級。特 徴うどんこ病耐病性を持った「羅皇タイプ」(※レースにより稀に罹病することもあるので予防は行う)。草勢はやや強めであるが(「羅皇」よりはやや大人しい)、着果性は良く、蔓ボケの心配少ない。収穫前まで草勢が強く残った場合でも、それによる空洞果・裂果の発生少なく、秀品性高い。果重8~10kgのやや腰高。果皮は濃い極濃緑色。一般に肉質硬い品種は晩生となり糖度乗りも遅いのだが、当品種は硬肉系でありながら、糖度乗りが早いのが特徴。糖度13度前後に安定。BRIX値よりも高い甘さが感じられ、食味が抜群。硬い果肉質で肉質の軟化・劣化による品質低下が少なく、店持ち非常に良い。 絵袋詰200粒RAOU THE SWEET•••••羅皇ザ・スウィート特筆すべきはその食味。硬肉で高糖度かつ、そのBRIX値以上の甘さを皮際までお届け。安心のうどんこ病耐病性も付いた「羅皇」シリーズ最新系統。「うどんこ病」への強さも驚異的。…だから、うどんこ発生の多い抑制作にも好適。深く甘いコク感と、強いシャリ感を更に追求。糖 度54果肉硬さ草勢強さ4空洞耐性4肥大性4早生性3安心のうどんこ病耐病性栽培のポイント草勢が強く、植物体もやや硬めなので低温期は十分に保温し、スムーズな生育を促す。硬肉系としては糖度乗りが早い品種だが、あくまで熟期は中晩生。在圃による果肉軟化や空洞果は起こりにくいので、適熟させしっかりと糖度を乗せる。6~7月収穫のトンネル栽培で開花後46~47日程度で収穫。•••特筆すべきはその食味。甘さの質が違う2017年11月宇陀育種農場にて撮影羅皇ザ・スウィート羅皇ザ・スウィート羅皇ザ・スウィート羅皇ザ・スウィート他社罹病性品種他社罹病性品種罹病性品種罹病性品種2017年11月熊本市植木町にて撮影羅皇ザ・スウィート羅皇ザ・スウィート他社罹病性品種他社罹病性品種過去3年間で当社が調査した九州各産地での外部試作では「羅皇ザ・スウィート」の糖度が既存品種よりも概ね1~2度高いことが確認されました。熊本の加温連棟ハウス作では4月下旬からの収穫作型に適応しており、着果性・肥大性ともに優れた能力を発揮しています。左写真)罹病性品種がこのレベルで発病するうどんこ病の菌密度においても「羅皇ザ・スウィート」では発病した組織が壊死する程度で、そこからほとんど広がらない。2021年いよいよ本格販売作型  月露地露地トンネル(新潟・長野・山形*)中型トンネル(千葉・鳥取・新潟*)単棟ハウス(千葉・鳥取*)連棟ハウス(熊本*)播種(抑制)定植収穫期*各作型における参考産地 地域差があるので目安とする24

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る