NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
30/148

●●栽培初期から後半まで生育期間を通じて草勢はやや強め(従来型「なつこ」との比較においてもやや強い)。高温期に収穫を迎える作型においてもツル持ち良好。●●開葯性・雌花着生は「愛娘」シリーズと同等。低温・少日照下でも着果安定。●●収穫期に生長点が動いている場合でも空洞果・裂果の発生は極めて少なく、高い秀品率を誇る。●●果重2~2.5㎏程度でやや腰高形。高温期でも縦長にはなりにくい。濃緑の果皮色に鮮明な縞。高温期でも果皮色の白けは少ない。●●果肉は濃桃色で硬く、日持ちも良好なので、高温期収穫でも高品質を維持することが可能。●●糖度12.5~13.5度程度で高めに安定し、食味良好。●●ハウス5月収穫で開花35~37日の中生。「愛娘」より2~3日晩生。初期草勢がやや強いので、厳寒期の着果を避けたハウス作から、高温期収穫を含むトンネル・露地作、抑制作型に好適。●●開花期の天候不順で着果数が不足した場合は、草勢過多となって熟期が遅れたり、糖度不足となる場合があるので、太いツル先を適宜摘芯して草勢をコントロールする。●●ハウスの場合、初期肥大後の換気をしっかりと行い内容の充実を図る。●●従来の「愛娘」シリーズよりもやや晩生なので注意。特 徴ポイント111212367891045月栽培型ハウス大型トンネルトンネルⅠトンネルⅡ播種定植1番果収穫期2~3番果収穫期ハウス抑制元詰小袋8粒絵袋詰200粒愛娘さくらManamusume Sakura1番果はもちろん、2番~3番果までとにかく空洞・変形・裂果少なく、最後まで極めて高い秀品率。肥大や糖度のバラツキも極めて少ない。●●草勢は中程度で低日照条件でも徒長しにくい。●●1番果はもちろんのこと、2~3番果を収穫する作型においても空洞果・変形果・裂果の発生が極めて少ない。●●花粉の発生が極めて良く、雌花着生も安定しており、着果性の良さは「愛娘」シリーズ中でもナンバーワン。●●果皮色は濃緑で太めの縞が入る外観。果重は1.8~2.5kgで特に玉揃いが良い。果形はほぼ球形。●●果肉はやや硬めの濃桃紅色。糖度12~13度でシャリ感あって食味に優れる。個体ごとの糖度・食味のバラツキも極めて少ない。●●ハウス5月収穫で開花後33~35日の早生。従来の「愛娘シリーズ」と比べても早生となる。●●広い作型に適するが、中でも着果性の良さを生かした無加温ハウス年内定植の長期栽培や、トンネル・露地の比較的早い作型が最適。●●整枝栽培の場合、基本的に主枝4本仕立て3果穫りとする。長期栽培では、1番果収穫までにしっかりとした根群を作ることが重要な為、湿度がこもらないようハウスの換気に留意。花粉発生が極めて良いので、濃緑で厚みのある葉を持たせるようにする。●●着果性が良いため、低節位着果に注意。18~20節程度の充実した雌花が開花するまで着果させないこと。また、場合によっては着果数制限・ハチ入れ期間の制限が必要。●●初期肥大後は換気をしっかりと行って内容の充実を図る。ただし裂果防止のため収穫期には急に冷やさないよう注意。●●草勢にもよるが、1番果を全て収穫後に2番を着果させたほうが多収。特 徴栽培のポイントManamusume Natsuko DX高温期収穫に適した肉質硬さ、ツル持ちの良さ、そして秀品率の高さ。果皮色も濃く仕上がります。愛娘なつこDX元詰小袋8粒絵袋詰200粒●●長期栽培においては草勢維持のために他品種と比べて潅水の回数・量ともに増やすのが良い。特に高温乾燥時期や草勢低下の場合には「スイカには水はやらないもの」という考えはお捨て下さい(収穫の数日前であれば糖度にも影響はありません)。111212367891045月栽培型ハウスⅠハウスⅡ大型トンネルトンネルハウス抑制播種定植1番果収穫期2~3番果収穫期栽培のポイント28低温着果性が極良。早出し産地向け。

元のページ 

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です