NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
33/172

徴 特炭そ病耐病性を持ち、草勢もやや強めなので、特に露地産地で問題となり易い炭そ病による枯れや草勢低下を軽減できる。草勢強めではあるが、着果性は良く、蔓ボケの心配少ない。空洞果・裂果・うるみ果の発生少なく、収穫前まで草勢強めに残った場合も秀品性は高い。果重8~9kg内外のやや腰高。果皮色は非常に濃い極濃緑色でシラケにくい。糖度乗りが早く、また糖度も高く13度前後に非常に安定。果肉色は濃桃紅色で発色良く、肉質はやや硬め(羅皇よりは柔らかい)でシャリ感に優れる。トンイポの培栽炭そ病耐病性だが、菌密度が高い場合は発病の原因となるので農薬での防除は行うこと。また罹病性品種と混植した場合は菌密度が高くなりやすいので、特に注意が必要。6~7月収穫のトンネル栽培で開花後46~47日程度で収穫となる中生。絵袋詰200粒RAOU AR•••••••羅皇AR雨の東北にて炭そ病への強さを実証。炭そ病耐病性に加えて高糖度も自慢。第67回全日本野菜品種審査会一等特別賞。雨の東北にて炭そ病への強さを実証。炭そ病耐病性に加えて高糖度も自慢。第67回全日本野菜品種審査会一等特別賞。炭そ病は西瓜の重要病害の1つで、露地栽培では梅雨~豪雨の多い夏に発生しやすい病気です。炭そ病は葉・茎・果実のあらゆる箇所に発病するため収量や果実品質が著しく損なわれることから、露地産地では永くから問題となってきました。2017年8月も全国的な悪天候となり東北地方の露地産地では炭そ病による被害が多発。こうした状況の中で産地待望の炭そ病耐病性「羅皇AR」が生産者のお役に立てることを願っています。スイカ炭そ病とは?糖度乗りの高さも自慢です!炭そ病接種試験処理方法: 噴霧処理接種濃度:103cfu/ml25℃で接種後16日処理方法: 1スポット20μl 滴下接種濃度:105cfu/ml25℃で接種後5日露地産地待望の炭そ病耐病性「AR」。ついに登場!過去、多雨の東北産地で炭そ病への強さが実証されています。第67回全日本野菜品種審査会にて一等特別賞受賞。2018年8月青森県にて撮影。果皮に炭そ病が発病した罹病性品種。2018年8月青森県にて撮影。果皮に炭そ病が発病した罹病性品種。罹病性品種罹病性品種羅皇AR羅皇AR罹病性品種罹病性品種羅皇AR羅皇AR青森県で8月下旬に収穫された「羅皇AR」。査定時の糖度は14.8度 を記録。露地産地待望の炭そ病耐病性糖 度43果肉硬さ草勢強さ4空洞耐性4肥大性3.5早生性31等特別賞第67回全日本野菜品種審査会1等特別賞111212367891045播種定植収穫期連棟ハウス(熊本*)単棟ハウス(千葉・鳥取*)中型トンネル(千葉・鳥取・新潟*)露地トンネル(新潟・長野・山形*)露地作型 月*各作型における参考産地 地域差があるので目安とする31スイカ

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る