NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
42/148

元詰小袋8粒絵袋詰500粒絵袋詰100粒コートベノミル・チウラム剤処理済NEW栗ざんまい(NS-027)Kurizanmai求めてきたのは圧倒的な収量性。その為の着果性とツル持ち。超・収量性の強草勢カボチャ。●●草勢は初期からかなり強く、最後までツル持ち良い。●●うどんこ病にも強く、収穫前まで葉が残りやすい。●●草勢強いものの(低温期作型を除いた)通常作型において着果数が多く、肥大性にも優れるので結果として収穫果数が多くなり収量性が極めて高い。●●果実サイズ5〜7玉サイズで果皮色は濃い緑色。●●肉質は粉質性で甘みも強く美味しい。●●成熟日数50日程度の中晩生。●●貯蔵中の腐りが極めて少ない。●●低温期を除いた露地・トンネル作に好適。多肥栽培・元肥一発の栽培や極めて早出しの作型には不向き。特 徴最初から最後まで強い草勢。収穫まで葉が残るスタミナだから、うどんこ病・日焼けにも極めて強い!1ツル2果着果は当たりまえ。露地・トンネル作で抜群の着果能力を発揮!(低温期の作型を除く通常のトンネル・露地作型にて)ダントツで高い収量性。とにかく反収アップを望まれる産地に強くお薦めします!高い粉質レベルと粘質性が共存し、食味の良さも高評価。ナント種苗宇陀育種農場2013〜2015年7月収穫試験データ平成27年 宇陀農場●5:強〜1:弱3/16播種・4/15定植・7/15収穫株間60cm 畝幅3.8m 子ヅル2本整枝 栽植本数439本/反草勢(5/20)蔓もち(7/12)7/20粉質7/20Brix着果数/蔓平均果重(kg)反収(t)栗ざんまい55417.81.92.313.93他社品種A33516.01.32.562.80他社品種B4+3419.01.32.592.84他社品種C32217.21.52.483.26特濃こふき54518.01.52.363.11こふき444.521.21.03.242.84平成26年 宇陀農場●5:強〜1:弱3/19播種・4/17定植・5/22〜交配・7/18収穫株間60cm 畝幅3.8m 子ヅル2本整枝 栽植本数439本/反草勢(5/16)蔓もち(7/10)収穫時粉質収穫時Brix着果数/蔓平均果重(kg)反収(t)栗ざんまい5+5+419.02.02.223.89他社品種A2+35+17.50.92.431.86他社品種B3+4516.21.32.442.68他社品種C2+4313.21.52.073.64特濃こふき34+5++21.01.32.222.53こふき45517.51.32.572.82平成25年 宇陀農場●5:強〜1:弱3/20播種/4/16定植・5/22〜交配・7/18収穫株間60cm 畝幅3.8m 子ヅル2本整枝 栽植本数439本/反草勢(交配前)蔓もち(収穫直前)収穫時粉質収穫時Brix着果数/蔓平均果重(kg)反収(t)栗ざんまい55+519.02.402.214.69他社品種A3.54418.41.502.262.97他社品種B3.544.516.81.802.263.63他社品種C341.515.22.002.34.04特濃こふき44.5519.01.702.243.27こふき454.518.21.702.573.83上表は過去2年の弊社宇陀育種農場(奈良県)における春作試験の結果。「栗ざんまい」は過去3年に渡り、いずれも反収成績は最高値を記録。前年度版カタログでは「栗弁慶」という品種名でしたが、事情により「栗ざんまい」へと品種名を変更致しました。ご了承下さい。●●低温期におけるハウス・トンネル作といった低日照下での強草勢は、着果を不安定にする傾向があるため、特に肥えた圃場では元肥を半分程度に減らし、減らした分を追肥に回すのが良い。●●草勢強いため交配期の段階で過繁茂でない状態であることが最重要。交配までは脇芽取りを欠かさず、元肥設定を半分に減らしその分を追肥に回すのが良い。●●整枝が出来ない圃場では株間を広げて栽植本数を減らし、着果時の採光性を良くする方が収量アップに繋がる。●●貯蔵中の腐敗は少ないが、果皮色の退色がやや早いので注意する。栽培のポイント月123458910111267大型トンネル小型トンネル露地抑制播種定植収穫期栽培型草勢強い割に着果性が高い。1ツル2果を安定して狙える着果性です。上写真:北海道深川にて2014年8月末撮影。収穫終盤まで草勢が持たない他社品種に対し「栗ざんまい」は抜群のツル持ちとウドンコへの強さを発揮。他社品種栗ざんまい40

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です