NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
52/148

美ネット12123478910111256月ハウス大型トンネルハウス抑制栽培型播種定植収穫期低温期でも、肥大性・赤肉発色・糖度バッチリ。低温肥大性を追求した地這系赤肉早春のマリアージュMariage Early-Spring type●●葉の大きさはやや大きく、色は中位。●●草勢は中位~やや大人しく、ツル持ちも●やや弱め。●●うどんこ病・つる割病レース0、2に抵抗性。●●ネットはマリアージュ系とは異なり細くて低い。●●果形は球~腰高で果重1.8~2.5kg。●●果肉色は濃橙色で低温期でもしっかり発色。●糖度は16度内外に安定する。●●成熟日数はハウス・トンネル栽培で50日前後。●●肥大性が良いので早い作型や抑制の遅い作型に適し、●温度の高い時期は、過肥大を起こし不向き。●●うどんこ病に抵抗性であるが、レースによっては発病するので、防除を行うこと。現在、低温肥大性を謳っている品種の中で、本当の意味での低温環境下での肥大性がある品種は少ないと思っています。(温度が上がるに連れて肥大がいつまでも進んでいくタイプが多い。それらは、見た目には大きいですが果実を切ってみると胎座部が大きく皮が厚く可食部が非常に少ない。)また弊社ではこれまで地這栽培でも外観、特にネットの盛り上がりが良い品種を育成してきましたが、それは果皮が硬化しやすいということにもつながり、低温肥大性との両立は困難でした。そこで本当の意味での『低温肥大性』を最優先事項とし、ネット外観特性は「二の次」として育成したのがこの品種です。厳寒期の交配でもヒルネット少なく、低温期収穫においても糖度や果肉発色が良いのが特徴です。11123478910111256月ハウス大型トンネルハウス抑制栽培型12播種定植収穫期絵袋詰100粒FR 0.2FR 0.2元詰小袋6粒特 徴栽培のポイント●●葉の大きさは中程度で色は濃い。初期草勢はやや大人しく、中期以降は強く、ツル持ち良く作りやすい。●●ネットは早くから発生し、地這系品種としては高く盛り上がり、立体栽培ではアールスに近い外観。●●果形は腰高、果重1.4~1.8kgと玉伸び良く、糖度16度内外に安定。●●果肉は濃いサーモンピンクで低温でも発色良く、肉質は●メルティング質で赤肉特有の臭みはない。●●成熟日数はトンネル栽培6月収穫で開花後52日程度の早生。●●●栽培中盤以降の草勢が強いため元肥を1~2割減らす。●●開花からネット発生までは昼夜とも高めの温度管理を行い初期肥大を促す(交配後1週間は夜温20℃を確保)。●●縦ネットからではなく全体的に細かくネットが発生するように温度・湿度を管理する。●●赤肉系としては早生なので収穫遅れにならないよう注意。低温期でも、肥大性・赤肉発色・糖度バッチリ。低温肥大性を追求した地這系赤肉マリアージュ®Mariageチラシ元詰小袋6粒絵袋詰100粒特 徴ポイントブリーダーからのコメント50うどんこ・つる割病抵抗性低温期向け

元のページ 

page 52

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です