NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
70/172

特 徴肥 大 性:370>初代マリアージュネット高さ:370≒初代マリアージュ地 肌 白 さ:370>初代マリアージュ肉 色 濃 さ:370>初代マリアージュ低温肥大性に優れた地這系赤肉。肉色鮮やか。つる割病R0.1.2抵抗性を付与した「早春」のマリアージュ。香りと甘さにこだわり、病害抵抗性にこだわる。進化した赤肉、マリアージュ最新版。袋詰100粒月寒冷地中間地温暖地播種定植収穫期栽培型●葉の大きさはやや大きく、照り葉。従って、葉色はやや濃く見える。「早春のマリアージュ」よりやや立性。●草勢は中位からやや大人しく蔓持ちもやや弱め。●つる割病レース0,1,2に抵抗性を示し、うどんこ病には中程度の抵抗性を示す(レースによっては罹病する)。●果形は「早春のマリアージュ」よりやや腰高で肥大性は同等。●ネットはマリアージュ系の中では細くて低いが、「早春のマリアージュ」よりはややネットは高い。●低温肥大性に優れ、果肉色は低温でも発色が良い。●糖度16度内外で成熟日数はハウス・トンネル栽培で50日前後。●低温肥大性に優れるので、促成の早い作型や抑制の遅い作型に適す。温度の高い作型では、過肥大を起こしてしまうため不向き。特 徴トンイポトンイポ肉厚、肉色鮮やかで食味に優れた早生タイプのマリアージュうどんこ&つる割病R0.1.2抵抗性マリアージュ370(仮)袋詰100粒NM-371●葉はやや大きく、栽培前半の草勢はやや強め。●成熟日数はハウス・トンネル作で交配から51日程度。●果重は1.6~2.0kgで糖度は16度以上に安定。●果肉厚く、オレンジ色が濃く発色。ニンジン臭なく風味が良い。●ネットは地這系としてはやや粗めで、高く盛る。●果皮色は灰緑色で果形は球形~やや腰高。●つる割病レース0.1.2に抵抗性(レース1.2y、1.2wには罹病)。●うどんこ病に抵抗性(レースによっては罹病)。●ネット発生期に低温に遭遇するとヒルネットが発生するため、 開花からネット発生までは高めの温度管理を行う茨城県で5月中旬に収穫された他社品種と「マリアージュ370」。カット断面を比較すると果肉色の濃さと、可食部の肉厚さの違いが見て取れる。他社品種マリアージュ370予 告限定販売予 告限定販売FR 0.1.2抵抗性FR 0.1.2抵抗性早生50日タイプ早生50日タイプ月ハウス大型トンネルハウス抑制栽培型播種定植収穫期68

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る