NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
71/148

●黄化葉巻病(イスラエル型・マイルド型)および葉かび病・斑点病など、各種の地上部病害に抵抗・耐病性を持つ。●草勢は強い~やや強い。異常茎(めがね)・芯止まりなどの発生が少ないので草勢維持しやすく、極めて栽培容易なので、夏秋・抑制・越冬・半促成のいずれの作型にも好適。●やや晩生で1~2段目はシングル花房中心。3段目よりダブル以上が増える(花数で収量を稼ぐというよりは、むしろ肥大性と不良果の少なさで収量を出す品種です)。●裂果やガク落ち、果実の軟化、着色不良など異常果の発生が極めて少なく、果形も環境や草勢に左右されにくいので、秀品性が高く省力的な高収量型。●果実の在圃性高く、収穫に追われにくい。●花房先端の二次開花がほとんどなく、先端まで同じような大きさで揃い易い。●果形はほぼ球形で、幼果はベースグリーンが薄いので日焼け果・黄変果が極めて少ない。●節間はやや短く、誘引が省力的。●平均果重15~20グラム。果皮色は濃赤で色ツヤ良好。●糖度7~8度に安定。食味は糖度・酸味ともにバランスよく、肉質食感がしっかりしており、店持ち優れる。●めがねや異常花房(カスミソウのような多花の花房)は極めて発生しにくいので、高温期の定植では草勢維持や根張り拡大を目的として、慣行よりやや若苗での定植も可能。●裂果やスジ果の発生が少ないので、長期越冬栽培では草勢の維持を重視して「追い込み型」の管理を行う。●冬期に葉色薄く、厚みのない徒長した草姿になると、加温設定を上げても果実肥大には繋がらない。肥大促進には昼夜温格差を付けて栄養生長と生殖生長(果実肥大)のバランスを取ることが重要。徒長していると思われる時は夜温設定を0.5~1℃程下げて様子を見る。ただし日中温度は下げないようにする。●短節間・大葉で湿度のこもりやすい草姿となるので、灰色かび・疫病などの防除は定期的に。●関東の抑制産地では、初期の肥効が強いと草勢過多(ツルボケ傾向)となり、ツヤ無し果が発生することがあるので注意。黄化葉巻病耐病性イスラエル型・マイルド型黄化葉巻病耐病性イスラエル型・マイルド型草勢強く安定し、収量性バツグン!裂果・ガク落ちが極めて少なく優れた出荷率!形状や肥大が安定し、冬場も小玉果が僅少!産地待望の黄化葉巻・葉かび・斑点病フルスペック耐病性耐病性黄化葉巻青枯半身萎凋萎凋R1萎凋R2萎凋R3J3○─○○○──ToMV2a褐色根腐斑点葉かび黄化えそ輪紋ネマトーダ○─○○──○123458910111267月栽培型ハウス促成長期ハウス半促成ハウス抑制播種定植収穫期高冷地夏秋特 徴栽培のポイントミニトマト69TY花鳥風月 NMT-029ミニトマト超収量性!裂果少ない!フルスペック耐病性!絵袋詰500粒元詰小袋15粒長期越冬作でも!夏秋・抑制作でも!適応作型が広い!

元のページ 

page 71

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です