NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
75/172

特 徴栽培のポイント●果形は球形~腰高形の夏系緑肉アールス。●夏系品種としては数少ない「白肌」でネットはやや粗く、高く盛り上がる。●ネット発生が遅くヒルネットが発生しにくい。●果肉は黄緑色で糖度は16度程度に安定。果肉の緩みは遅く棚持ち良い。追熟してメルティング質になると皮際までとろける食感が楽しめる。●アンテナ部の萎れが非常に遅いため、長い期間において商品性が高い。●草勢はやや強め。節間長はやや長めで葉は大きい。果梗部の長さは中位。●交配からの成熟日数はやや長めの晩生。●つる割病レース0.2及び、うどんこ病抵抗性(レースによっては罹病)。●盛夏期での栽培はネットが粗くなるため不向き。●開花期前後の土壌水分量が多いと果梗長が長くなってしまうので、注意する。「ムーランシリーズ」は白肌が美しく、ヒルネット発生が極めて少ないのが特徴です。アールス・ムーラン夏Ⅱ絵袋詰100粒アンテナが萎れず長持ち月寒冷地中間地温暖地栽培型播種定植収穫期他社夏系品種ムーラン夏Ⅱ左「他社夏系品種」に対し、右「ムーラン夏Ⅱ」。ムーランとムーラン夏Ⅱは白肌が美しく、ヒルネット発生が極めて少ないのが自慢です。8月上旬に長崎にて撮影。ムーラン夏Ⅱ(右)と他社夏系。収穫して1週間が経過すると、他社品種のアンテナ部は枯れあがるのに対し、ムーランのアンテナは鮮度を維持。白肌、ネット盛り共に優れた外観。月中間地寒冷地温暖地栽培型播種定植収穫期アールス・ムーラン夏Ⅰ(NM-115)夏Ⅰタイプうどんこ抵抗性夏Ⅰタイプうどんこ抵抗性夏Ⅱタイプうどんこ抵抗性夏Ⅱタイプうどんこ抵抗性特 徴白肌でネットが盛る「夏Ⅰ型」。花飛び・ヒルネット少ないうどんこ抵抗性。アールス・ムーランの最新品種。「ムーラン早春晩秋」では大きすぎ、「ムーラン夏Ⅱ」ではもう少し大きいのが欲しいという作型に適する(ムーラン早春晩秋とムーラン夏Ⅱの中間を埋める品種)。つる割病R0.2抵抗性、うどんこ病抵抗性(レースによっては罹病)。草勢やや強め。節間はやや長く、葉の大きさは中位。果形は球形~腰高で、果皮は灰白色。ネットは高く盛り上がる。ネットの密度は中くらい。果肉色は黄緑色で食味は良好。果実中心部と皮際との食味差や、果梗側と花跡側との甘みの差も非常に少なくて美味しい。••••••袋詰100粒Earl’s Mulan Summer Ⅰ typeEarl’s Mulan Summer Ⅱ type元詰小袋6粒絵袋詰100粒元詰小袋6粒絵袋詰100粒和香夏 Ⅱ Wakanatsu2高ネットで作りやすい夏系アールス ● 果実は1.6kg前後の腰高球となり、ネットは中密で高く盛り上がる。 ● 成熟日数は、6~7月収穫で55日前後。和香夏 Ⅰ Wakanatsu1上品な外観で食味の良い夏系アールス ● ネットは密で盛り上がりは中位となり上品な外観です。 ● 成熟日数は、6~7月収穫で53日前後。FR 0.2FR 0.273アールス

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る