NANTO Vegetable Seed Catalog 2021
85/172

特 徴草勢は「栗ざんまい」同様の強勢タイプでありながら、雌花数を増やし、より着果性能をアップ。低温期~夏作にかけて着果が安定。【作りやすさと収量性】を重視した品種で、初心者でも栽培容易。低温期でも肥大性が良好。一方、夏収穫作では着果数多く過肥大もおこし難く、5玉サイズ中心で揃う。果皮は濃緑色。「栗ざんまい」より濃く仕上がる。肉質は粉質性で美味(※一般に着果数が多いと粉質性は減る傾向)。初期節間が詰り、ハウス・トンネル作でも栽培管理しやすい。草勢維持しやすく、収穫前まで葉枯れが少ない。株元着果、繁茂状態でも蔓傷付きにくく、イボの発生も少ない。成熟日数は45~50日。貯蔵性(腐敗によるロス)は「栗ざんまい」の方が優れる。栽培のポイント「栗ざんまい」同様、樹勢は強いので肥畑では2割程度減肥推奨。絵袋詰500粒絵袋詰100粒••••••••••ナント種苗宇陀育種農場2016年7月収穫試験データ平成28年宇陀農場 (5:強~1:弱)3/3播種・4/12定植・7/12~収穫 株間60cm 畝幅3.8m 子ヅル2本整枝 栽植本数439本/反蔓もち(7/15)5527/16粉質45+37/16Brix15.816.014.3着果数/蔓1.71.81.3平均果重(kg)2.542.502.34反収(t)4.324.372.93草勢(交配前)4.552栗ざんまい弐号栗ざんまい他社品種C播種定植収穫期強草勢ながら、低温着果性能を向上!「作りやすさ」と「収量性」を極めた改良系。玉揃い、肥大良く、果皮濃緑・粉質・短節間。40~45日タイプの早生南瓜。さらに果肉色が濃い。「栗ざんまい弐号」は着果性の良さと果実肥大の安定感で「初代」に次ぐ反収成績!そして、「初代」が苦手とする低温期でも、この着果性・肥大性を発揮できる改良品種です!過去最高収量の「壁」を越えろ!~その弐~果肉色がもっと濃い。味が濃い。早生特濃。目指したのは、早生で果肉色の濃い「特濃」。目指したのは、早生で果肉色の濃い「特濃」。作りやすくて美味しくて大好評トンネル露地作型ハウス作型地 域栽 培 型月トンネル露地作型冷涼地高冷地平坦地暖地果梗部にタテにひびが入れば、収穫時期。特 徴初期節間が詰まるセミブッシュタイプ。草勢は強めで蔓が残りやすく、日焼けも発生しにくい。サイズは5、6玉サイズ。果皮色は濃緑。早生南瓜の中でも濃い果皮外観。高粉質であるが、糖化早く、早いタイミングで粉質と甘みが共存。肉色が早く濃くなりやすく、収穫後の色付も早い。成熟日数は40-45日で、早生タイプ。栽培のポイント果梗コルクが発生しにくい。収穫目安は果梗の際の縦ヒビ。••••••••播種定植収穫期トンネル露地作型ハウス作型地 域栽 培 型月トンネル露地作型冷涼地高冷地平坦地暖地NS-030NS-030予告品種同時期同一圃場で収穫された3品種同時期同一圃場で収穫された3品種果肉色の濃さがきわだつ「NS-030」特濃こふき(初代)こふきNS-030Kurizanmai nigouKurizanmai nigou栗ざんまい弐号栗ざんまい弐号83カボチャ

元のページ  ../index.html#85

このブックを見る