NANTO Vegetable Seed Catalog 2017
93/148

ピーマン農研機構 野菜茶業研究所育成台パワー青枯病・疫病・モザイク病(L3)に対し、極めて強い複合抵抗性。Dai Power「台パワー」の疫病・青枯病抵抗性検査結果およびPMMoV青枯・疫病に極めて強いピーマン台木品種登録 第20755号●●●農研機構●野菜茶業研究所で育成・発表された疫病・青枯病およびモザイク病に複合抵抗性の台木用ピーマン。疫病・青枯病に対して強度の抵抗性。●●●PMMoV(P1.2)に対して抵抗性を発揮するL3遺伝子を保有。PMMoVおよびToMVの発生している地域では、穂木に同じL3遺伝子を有する品種を用いてください。●●●サツマイモネコブセンチュウに抵抗性(ただし産地によっては発病の可能性あり)。●●高温・多湿・高菌密度条件下では、発病する可能性があるため土壌消毒などの通常防除を併用してください。●●●接木の難易度は「ベルマサリ」と同等で、穂木との播種間隔は約10日。●●●自根栽培に比べて初期生育はやや遅くなります。特 徴栽培のポイント元詰1000粒表1 「台パワー」の疫病・青枯病抵抗性検定結果およびPMMoV1) 「台パワー」以外は台木に用いられている市販品種。 2) L3はPMMoV(P1.2)に対して抵抗性を示す。抵抗性遺伝子の種類 (野菜茶業研究所)品種・系統名1)台パワー 4 0 0 0 L3ベルマサリ 45 36 100 0 L3ベルホマレ 100 19 100 100 -疫病抵抗性台木品種A(他社) 0 0 100 100 -疫病抵抗性台木品種B(他社) 7 7 100 100 -疫病発病株率(%)枯死株率(%)発病株率(%)枯死株率(%)青枯病PMMoV抵抗性遺伝子の 種類2)疫病発生圃場での様子青枯病発生圃場での様子既存品種台パワー台パワー既存品種青枯病・疫病に悩むピーマン産地の皆様に頼れる台木品種の登場です。91

元のページ 

page 93

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です