NANTO Vegetable Seed Catalog 2018
96/148

春蒔き~晩夏蒔きまで使える夏用晩抽系品種の決定版! きんのなつきんのなつ金の夏金の夏月栽培型播種最適播種期収穫期高冷地及び冷涼地ハウス・雨除け一般地ハウス・雨除け露地葉重タイプ葉重タイププライミングM3万粒ボリュームが出る葉重型葉色が濃いべと病抵抗性R1~11・13・1594夏のハウス作でこのボリューム。この肉厚。この葉色。高温期でも生育がスムーズ、かつ収量性バツグンのべと病レース1~11・13・15抵抗性。●●晩抽性高めのべと病レース1~11・13・15抵抗性。●●最適期はハウス、雨除け等の3月~5月中下旬蒔きの4月下旬~6月中下旬出荷、7~8月蒔きの8月~10月上旬出荷。●●生育の早さは中程度だが、高温期でも生育がスムーズでかつ、軟弱徒長しにくい。よって夏作でも軸太の大葉に仕上がり、ボリュームのある株張り。●●葉色は極濃緑色で葉形は中間葉タイプ。葉身部と葉柄部の長さが同程度。葉幅は広く、葉肉厚く、葉柄太いので、収量が上がる(葉重型)。葉面のしわは若干でるものの巻き込みは少ない。●●草姿立性で、葉柄折れにくく、収穫調整作業は容易。●●発芽時に必要とする水分要求量は他の品種と比べて多いため、播種前には通常以上にたっぷりと潅水を行い、乾燥しないよう注意。特に高温・乾燥条件下では入念に。●●極端な高温・乾燥は避け、遮光資材の使用と潅水を併用する。●●極晩抽性ではないので、日長時間の長い夏至付近の収穫・生育は避ける方が無難。高温・乾燥ストレスを極力与えないよう対策する。●●萎凋病に対しての耐性はあまり強くないので発生圃場では注意。特 徴栽培のポイント夏のハウス作でこのボリューム。この肉厚。この葉色。元詰小袋30㎖プライミングM3万粒絵袋詰1㎗絵袋詰 L1ℓ発芽には他品種よりも多くの水分を要求する品種です。播種前の潅水は、たっぷりと行って下さい。

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る